不妊症 不妊治療

不妊症の基礎知識、不妊検査から体外受精・2人目不妊・男性不妊など不妊症と不妊治療に関する最新の情報を解説します。
不妊症・不妊治療 の相談室について

 女性が、「もしかしたら自分は不妊症かもしれない」と疑いを持ち始めるのは、いつ頃でしょうか。一般的には、結婚後、性交渉が普通にあるご夫婦の間で2年以上妊娠がない場合、産婦人科の受診が勧められています。しかし、これはあくまで一般的な目安であって、結婚後1年で受診する人もいれば、高齢で結婚したからと結婚後数ヶ月で不妊対策を始める人もいます。不妊に関する心配は、個人的な環境や考え方に大きく左右されますので、一般的な目安にあまりこだわる必要はありません。

不妊症でお悩みの方へ
20年間で13,000人の妊娠成功の実績のある不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が健康な赤ちゃんを自然妊娠で授かる方法を公開。最短14日、平均180日で自然妊娠できる自宅で出来て、体にも経済的にも優しい方法です。
不妊症・不妊治療 の相談室 新着情報

では、不妊の原因について少し詳しく説明しましょう。まず、女性の排卵に障害がある場合ですが、卵子がちゃんと育たない無排卵、月経周期が35日以上となる遅延排卵、卵子ができすぎたり全くできなかったりする多嚢胞性卵巣症候群、卵子は育つが排卵しない黄体化非破裂卵胞症候群、があります。これらは不妊の原因の10~25%を占めます。排卵障害は、視床下部のホルモンの障害によるところが大きく、治療もホルモン治療が行われるケースが多くあります。

次に卵管の障害については、卵子が通過することが全く不可能な場合と、通過しにくいだけの場合があります。原因は性感染症や子宮内膜症などによる、卵管癒着が主なものです。卵子が卵管を通過できる方法を考え、治療します。子宮の障害は、主に着床障害です。卵子が精子と受精すると、卵管内で細胞分裂を繰り返しながら子宮の中に到着します。受精卵は子宮内膜に接触し密着、やがて胎盤ができて着床しますが、この過程で何らかの障害があると受精卵は着床せず、妊娠が成立しません。原因は主に子宮内膜症や子宮内のポリープなどですが、黄体ホルモンや卵胞ホルモンの分泌が影響している場合もあります。

子宮頚管の障害は、大部分が頚管粘液(おりもの)の問題です。ホルモン異常などにより、頚管粘液の分泌が少なかったり、精子を元気に生かしておけなかったりするのが原因です。この場合は人工授精が主な治療法となります。他に免疫性不妊は、女性の体にとっては異質な存在である精子に対して「抗精子抗体」が女性の体内にできてしまう障害です。抗精子抗体は精子を見つけると攻撃し、精子の働きを弱めてしまうので、妊娠が困難となるのです。抗体を弱める治療法がとられていましたが、時間がかかり効果が薄いことから体外受精に進む場合が多くなっています。

男性不妊の90%を占める原因が、造精機能障害です。精巣で作られる精子がうまく作られない障害です。障害の段階は、精祖細胞が存在しないもの、分裂時に分化を停止するもの、精子細胞は作られるが少ないもの、となります。段階によって精子の提供を受けたりホルモン治療などが行われます。他に、精子は作られているがそれを運び出す通路が閉鎖されているのが輸送路通過障害です。手術で精管をつなぐなどの治療が行われます。射精障害は、いわゆるインポテンツと脊髄損傷や逆行性射精による射精障害に分けられ、それぞれにあった治療法が用いられます。

まず、妊娠が起こるしくみを理解しましょう。卵子が排卵され、精子と受精し、分割が起き、子宮内に着床すると、妊娠成立となります。女性の体は、排卵や子宮内の環境を整える一連のシステムを、毎月行っているのです。そして、妊娠が起こらなかった場合は「月経」として、環境が解消されます。このシステムを司るのがホルモンです。ですから、妊娠する為にはシステムを動かすホルモンの働きが正常であることが必要です。また、卵子に受精する精子も、無事に卵子に到達できるだけの元気が必要です。

女性の不妊は、卵子の成長や排卵に障害がある場合、卵管に障害がある場合、子宮の環境に障害がある場合、子宮頚管に障害がある場合の3つに大きく分類することができます。言い換えればこのうちの一つでも何らかの障害があれば、妊娠はしません。卵子の成長・排卵→精子と受精→分割→子宮内に着床、という妊娠のしくみが成立しないからです。他に、免疫性不妊や原因不明の不妊などもあります。

男性側の不妊原因は、大きく分けて造精機能障害と輸送路通過障害、射精障害の3つが挙げられます。他に、精子の機能に障害が起こる副性機能障害も、最近では多くなっています。男性側の不妊は、単一の原因でというよりは多くの要素が複合している場合が多いとされています。また、以前は泌尿器科での治療でしたが、最近は産婦人科の領域で治療が進められることも多くなっています。

以上のように、不妊の原因は女性側にも男性側にもあることがお分かりいただけたと思います。こうした体の機能上の障害もさることながら、現在では不妊の原因として、生活環境が挙げられます。例えば、セックスレスのご夫婦には、いくら望んでも赤ちゃんはやってきてくれません。また、無理なダイエットなども不妊の原因となりますし、逆に太りすぎていても妊娠力は下がります。偏った食生活や喫煙、冷え性なども妊娠に影響を及ぼします。性感染症も大きな問題になっています。こうした生活環境をよく見直し、不妊の原因となる生活を改めることも、大切な不妊対策です。

女性が、「もしかしたら自分は不妊症かもしれない」と疑いを持ち始めるのは、いつ頃でしょうか。一般的には、結婚後、性交渉が普通にあるご夫婦の間で2年以上妊娠がない場合、産婦人科の受診が勧められています。しかし、これはあくまで一般的な目安であって、結婚後1年で受診する人もいれば、高齢で結婚したからと結婚後数ヶ月で不妊対策を始める人もいます。

不妊に関する心配は、個人的な環境や考え方に大きく左右されますので、一般的な目安にあまりこだわる必要はありません。自分の年齢や状況をよく考えて、対策を始めるようにしてください。まずは信頼できる友人に相談したり、不妊に関する書籍を読む、パソコンで情報収集をする、などといったところから始めるのがよいでしょう。不妊治療は進歩の著しい治療分野ですので、不妊に関してさまざまな知識を得ることは、とても大切です。

一通りの知識を得た上で、やはり不妊が心配な場合は、産婦人科で受診する必要があります。不妊治療に大切なことは、初めからご夫婦で受診するということです。不妊の原因は、男女比で大体半々であるからです。女性は産婦人科、男性は泌尿器科を受診します。最近では産婦人科と泌尿器科が連携して治療に当たっている病院も増えています。また、総合病院や大学病院などは、産婦人科と泌尿器科が併設されているところが多いので、最初からこういった病院を選ぶのも有効な選択です。

不妊の対策を考え始める時は、誰だって不安でたまらない気持ちを抱えているものです。また、不妊治療は経済的にも精神的にも大きな負荷を負うものであることは、否めません。これから不妊治療に臨むご夫婦は、お互いに心のケアをしながら治療に当たる必要があることを、よく理解してください。不妊治療と並行してカウンセリングなどを受けながら進めるのも一つの方法です。